文章編集とAIの時代の関係性について

2022年8月17日 投稿者: masterad_votekellymitchell

仕事を奪われる分野はあるかもしれない

現在ではインターネットで情報をチェックするようなことも増えていますから、文章を編集する仕事は重要な存在になっています。
文章の編集ではどのような仕事をするのか気になるかもしれませんが、基本的に校正をすることが多いです。
文章の誤字や脱字などチェックしていき、修正をする仕事をすることになりますから、ある程度の知識を持っていないと対応することはできません。

しかし時代の流れでAIが徐々に発達してきており、文章編集の仕事を実際にAIに任せるようなケースも増えています。
一昔前のAIでは正確な校正をするのは難しかったので、作業を丸投げするようなことは困難でしたが、時代の流れでAIも進化をしており、人間がやるのと近いレベルにまで到達してきているのが現実です。
しかもAIであれば人間よりも圧倒的に速いスピードで校正を済ませることができてしまうので、このような分野でだけ活躍している人は危険かもしれません。

人間が活躍できる分野は残されている

文章編集の仕事を考えると校正のイメージが強いですが、実際には企画を立てたり取材や発信などの仕事も存在します。
そのため校正以外にも担うことができる仕事はたくさんありますから、AIでは対応できないような分野がまだまだ存在するので安心です。
企画を立てるのはその時々の流行などについて調べないといけませんし、どのような分野に興味を持っている人が多いのか把握しておかないといけませんから、AIで対応するのは難しいと考えられます。

また取材も基本的に人間が対応しないと困難なので、そのような部分をAIに任せるようなケースはないと考えられます。
文章編集の仕事でも取材などを取り入れることで、AIでは対応できないような仕事をすることができるので、強みを持つことが可能です。
発信についてもただ文章編集で校正をするのではなく、記事などをわかりやすい状態にしてから発信することになるので、その点もAIにはできない部分かもしれません。

まとめ

文章編集の仕事では校正などの単純作業に近い仕事はAIに将来的に取られてしまうかもしれませんが、企画を立てる仕事や取材と発信などの分野については、人間の強みを活用することが可能です。
そのため文章編集の仕事で今後も活躍していきたいと考えている場合は、AIでは対応できないような分野のスキルを身につけることで、スムーズに成長していくことができます。
また文章編集で複数の仕事を1人で対応できるような状態になれば、それだけ活躍できる環境が増える可能性も高いです。